目に見えない不運は避けられない

生きていく上で、「トルネード」の意味合いって、どうなんだろう。興味無いと言えるだろうか。「釣り名人」は、アナタにとってはどんな意味があるんだろう。

トップページ >

目を閉じて熱弁する兄さんと壊れた自動販売機

昨年秋の誕生日に、友達から貰った香水があり、強いフローラルの匂いである。
ぴったりなボトルを頭に置いてチョイスしてくれた香りで、ボトルがちっちゃくてリボンがついているのがお洒落。
匂いの雰囲気も香水瓶もどんなに大げさに言っても華やかとは言えない匂いだ。
店にはたくさんのボトルが並んでいたけれど、ひっそりと置いてあった商品。
サイズは本当に小型。
シンプルでお気に入り。
どこかへ行くときだけでなく、仕事のときも手提げに、家で仕事をするときはそばに必ず置いている。
なので、手提げの中は、同じ匂い。
だいたいいつでもつけているので、そうでないときは周りに今日あの香りしないと言われる場合もたまにある。
店で多くの香水を試すのは好きだが、この香りは今までで最高に気に入ったものだ。

余裕で叫ぶ彼女と壊れた自動販売機
いまどき珍しく、私の部屋は、冷房も暖房器具もないようなところだ。
なので、扇風機と冷たいペットボトルを片手に仕事をする。
一週間前、扇風機を動かそうと思いつき、弱にしたまま抱えてしまった。
すると、扇風機の中身が動かなくなったので「あれ?」と不思議に思い,手元を見た。
気付かなかったのが、動きをストップさせているのは、まさに自分の指だった。
ゆっくり抜くと、また扇風機は回転しだして、自分の指からは血が出てきた。
激痛も感じることもなかったが、気を付けなければと考えた。

ぽかぽかした平日の夕方に読書を

たばこは脳に一利もない。
と言ったことは、理解していても買ってしまうという。
社会人になりたての頃、仕事の関係で紹介していただいた建設会社の重役のおじさん。
「私が病気一つしないのはたばこと日本酒のおかげです!」なんてハキハキと言っていた。
こんなに言われると、ストレスのたまる脱ニコチンは無しでもいいのかもな〜と思う。

息もつかさず跳ねる君と草原
太宰の「斜陽」大ファンの私は、三津浜水族館近くの安田屋旅館に向かった。
連れとして太宰治大好きの母。
ここ安田屋旅館は、太宰がこのストーリーの章の一部を執筆するために滞在した有名な旅館。
階段を動くと、ギシギシと、音が聞こえる。
その、彼が宿泊した上の階の角の部屋。
富士が半分だけ、顔を出していた。
すぐそこの海の海面にはいけすがあった。
このへんは来たかいがありまくり。

無我夢中で大声を出す友達と公園の噴水

とある大がかりな業務があったとき「まあ、なんとかなる」と考えていた入所当時。
当時の自分を含むメンバーのみんなが「過ぎちゃえば割と簡単なことだよ」など深く考えずに取り組んでいた。
そしたら教育専門の女性が口を切った言葉が心に残っている。
「目的のためにじゅうぶんに準備を進めたからこそ、過ぎてしまえばなんてことなかっただけ。
だから、あなたたちみたいに簡単にとらえていて、偶然にも内容が簡単だったという意味ではありません。
終わってしまえば単純だったといった言葉の裏にあるのは、真逆です。
前からじゅうぶん勉強し準備を進めたからこそ能力が業務内容を越えて、業務がスムーズに進んだという事を表しています。
精一杯取り組む気になれましたか?
甘く見ないで頑張りましょう。」
と言うセリフ。
そして、メンバーはそれに向けて全力をそそぎじゅうぶん収めきることができた。

喜んで熱弁するあの子と横殴りの雪
レフも、当然楽しいと思うけれど、また例外的と言うくらい宝物なのがトイカメラだ。
5000円あればチープな物がすぐ手に入るし、SDがあればPCですぐに見れる。
現実味や、奇跡の瞬間を収めるには、ピント調節ができるカメラがぴったりだと思う。
だけど、そこの空気感や季節らしさを撮りたいときには、トイカメラには他のどれにもかなわないと推測する。

前のめりで叫ぶ兄弟と冷めた夕飯

絵や写真といった美術が好きな方だと思うし、デッサンもまあまあ上手なのに、写真が非常に下手だ。
なのに、昔、一人前に、オリンパスの一眼を持ってた時期もあって、どこに行くときにも絶対持ち歩いたりした。
信じられないくらい焦点が合ってなかったり、ユニークな配置なので、一眼がしゅんとしているようだった。
だけど、レンズや現像はどう考えても、最高にカッコイイと思っている!

陽の見えない休日の夜明けにひっそりと
暮らしたところが違うと経験が違うのを結婚してから非常に意識するようになった。
ミックスジュース飲む?と妻から普通に聞かれ、自分はあまり飲まないけど売っていたのかなと考えたら、地元では作ることが一般的みたいだ。
缶詰のモモやら他と作った氷を加えて、ミルクを入れて家庭用のミキサーで混ぜて完成だ。
ミックスジュースを作ったものを味わい飲んだのは最初だけれど、ものすごく好きだった。
おいしかったし、はまって、俺もつくっている。

具合悪そうにダンスする姉妹とオレ

ある日、石垣島に出張に向かった。
土地柄かなりあつい!
ゆとりのあるカットソーの上から、スーツの上。
汗だくになりすぎて、上着の背広は凄い事に。
宿にへ着いて、仕方なく石鹸で綺麗にした。
次の日着るとそのジャケットはピーチの匂いが続いた。
ジャケットが痛まないかと気になったけれど、それでも洗った方が賢明だと思っていた。

雪の降る火曜の夕暮れにビールを
そそられなかったけれど、運動くらい多少でもやらなくてはと近頃思う。
勤め先が異なるものになったからか、最近、体を使った仕事がすごく少なくなり、体脂肪がめっちゃ上がった。
それと、年も関係しているかもしれないけれど、お腹周りにぜい肉が増えてきて、めっちゃ見苦しい。
少しは、努力しないといけない。

サイト内コンテンツ



Copyright (C) 2015 目に見えない不運は避けられない All Rights Reserved.
↑先頭へ